Front Page Torrents Favorites My Home My Galleries Toplists Bounties News Forums Wiki HentaiVerse

[Dining] ボクっ娘少女は豚に堕ちる

[支配少女 (ダイニング)] ボクっ娘少女は豚に堕ちる

Free Hentai Artist CG Set Gallery: [Dining] ボクっ娘少女は豚に堕ちる
Posted:2018-02-12 15:50
Parent:None
Visible:Yes
Language:Japanese  
File Size:88.68 MB
Length:110 pages
Favorited:107 times
Rating:
60
Average: 4.40

Showing 81 - 110 of 110 images

<123>
4 rows
10 rows
20 rows
40 rows
Normal
Large
081
082
083
084
085
086
087
088
089
090
091
092
093
094
095
096
097
098
099
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
<123>
Posted on 12 February 2018, 15:50 UTC by:   blamekilly    PM
Uploader Comment
If you like it then you can support him here:
https://enty.jp/en/dining?ref=postshow_rightside
Text part1:
<<1Page>>
IQ250…

明里 滴…《あかり しずく》

三歳で微分積分の問題を解き
十二歳で世界中の数学者達が未だ
解き明かせなかった難問を
解き明かした超ド級の天才

(それがまさかこの…
ありふれた県立高校に入学してきた
挙句 存在意義もないようなこの
文芸部に入部してくるなんて…)

ん?
さっきからジロジロ見て…
ボクの顔に何かついて
いるのかい?

え!?いッ…いや…
なんでもないよ…!

<<2Page>>
(まさかその超ド級の天才が
ボクっ娘で しかも僕にそれなりに
懇意にしてくれるだなんて…)

別に…ボクは学校で習える事は全て
もう頭に入っているし ただゆっくりと
本が読めればどこでも良かったんだ

そして君はボクからすればとても
魅力的な人だ
誠実で優しく正直だからね

ッ…!?明里さん…僕が何を
考えてるかわかるの…!?

うん…まぁね
君の普段の言葉の端々と今の視線の
動きを見れば誰でも導き出せる
答えだよ

…やっぱり…
明里さんはすごいや…

<<3Page>>
そんな事より部長くん
この学校にもう本はないのかい?
ボクはもう全て読み終えて
しまったよ

え…!?そんな…入部してまだ
一週間ちょっとなのに…

ふむ…仕方ない
今日は帰りに図書館にでも
寄ってみようか

(メディアを騒がせて今もなお
カメラに追いかけられる
天才少女はやはりケタ違いだ…)

校長に言ってもっと本を
増やしてもらっとくよ…

いや それはいい
世間はボクを「特別扱い」するが
それを利用するような真似は
したくないからね

そ…そっか…

<<4Page>>
明里さんはそう言うと
部室を後にした…

(でもそんなスピードで読んでたら
この町の図書館ですら
すぐ全部読み尽くしちゃうんじゃ
ないかなぁ…)

<<5Page>>
うぎゃッ!?

IQ250で前人未到の
難問を解き明かした天才少女が
日本の片田舎に引っ越してきた…

そのニュースは小さい町には
すぐに拡がり 彼女の住む家や
行動範囲は誰でも知っている
こととなっていた

それが仇となったのだ

<<6Page>>
あ…が…ッ…

図書館から家に帰るほんの
数メートルの暗がり…

危険だとは分かっていたものの
そこで事件に巻き込まれる可能性は
何%だろうか

暴漢の狂った思考を理解して
危険を察知する事などできない

(ボク…とした…ことが…)

彼女は油断して
しまったのだ

<<7Page>>
んッ…!!んッ…!!
んっ…!!ふ…!!

気絶した滴が目を覚ますと
すでにヴァギナには男の
ペニスが挿入されていた

(ここは…○○町あたりの
廃墟ビルだろうか…)

股間の痛みに震える脳でも
すぐさま自分が置かれている
状況も 気絶していたであろう
時間から自分の居場所ですら
察知することができた

んッ…!!ハァ…!!
んっ…!!

ハァ…!!ハァ…!!

(ここは男の好きに
させた方が賢明なようだ…)

<<8Page>>
ドピュッ!!

んあッ…!?

フー…!!
フー…!!

(くッ…この男…ボクの
膣内に出したのか…!?)

(生まれて初めての膣内射精が
まさかこんな誰とも知らない
男のものからされようとは…)

(まぁいい…これでこいつも
満足して…)

ふぅ…!!ふぅ…!!

<<9Page>>
ふッ!!ふッ…!!

ズン!!ズン!!

あッ…!?んッ…!!

(な…この男…今射精した
ばかりなのにまだやるのか…!?)

(バカな…普通男は一度射精すると
もう性欲が満たされると本に書いて
あったはずだ…!!)

ふんッ!!ふんッ…!!

あッ…!!んぁッ!!あッ!!

こうして明け方まで滴は
レイプされ続け 最後には
疲れて失神してしまったので
あった

<<10Page>>
やあ明里さん

う…うん…
おはよう…

(あれ…?なんだか今日の
明里さん元気がないような
気がする…)

明里さん?大丈夫?
なんだか顔色が悪い
みたいだけど?

あ…っ…い、いや…!!
なんでもないんだ…

ちょっとカゼ気味でね…
ゴホゴホ…ッ

そうなの…?
じゃあ今日は部活なんてやって
ないで早く帰って休まなきゃ…!

<<11Page>>
あ…うん…そうだな…
じゃあボクは今日は早めに
帰る事にするよ…

うん それがいいよ明里さん

恥じらい…

滴は結局昨晩の出来事を警察に
言う事ができなかった…

目が覚めたら公園のトイレで
寝ていたし 何も盗られてない…
相手も誰だか分からなけば
もう二度と会うこともない
だろう…

一体どうして警察に官能小説
よろしく 事の詳細を語らなければ
ならないのか…

それで警察が犯人を捕まえて
くれるわけではない

ならば言うメリットより
隠すメリットの方が大きいはず…

年頃の少女らしい恥じらいで
滴は昨晩の事件を自分の内に
留めておくことにした…

<<12Page>>
(うぅ…なんだろうこの感覚…
ボクは何だか昨日までのボクとは
違うようだ…)

怒り…妊娠していないかの不安…
それよりも自身が女であるという
事を強く自覚したことで
滴の心は揺れていた

(部長くんもボクの事を
「女子」として見ているの
だろうか…?)

(ボクと…昨日の男とのような
事をしたいと思ったりするの
だろうか…?)

(というか…ボクって
自分の事を言ってるのは
男の子みたいで
変…なのかな…?)

<<13Page>>
それから数週間…
すっかりほとぼりは冷めて
滴自身も事件の事を忘れ
かけていた頃だった

き…君は…!!

バカなヤツだな…!
また同じ場所で現れるなんて…!

今大声を上げて
人を呼んでやる…!

<<14Page>>
すっ…

え…?

そこで男が取り出したのは
滴があられもない格好で
眠っている写真だった…

それは…あの時の…!!

そう…滴が以前男にレイプされて
気絶していた時の写真…
精液まみれで気絶している…

他にもまさにレイプされている
最中の動画やお尻の穴を
アップで撮った写真もあった

<<15Page>>
………

男は滴に交換条件を持ちかける…
それらの写真をバラ撒かれたく
なければ自分についてこい…と

そ…そんな古典的な脅しで
ボクが言うことをきくとでも
思っているのか…?

だが滴の内心は震えていた…
滴はあらゆるメディアに追いかけ
られる存在…

この国で一番尊敬される
少女だと言っても過言ではない
のである

もし そんな自分のあられもない
姿がネットに流れれば
取り返しがつかない事になる
だろう…

<<16Page>>
むふーー………!!

だから滴は男の言うことに
従う事にした

ふーー……!!ふーー…!!

大声を上げたところでこの
男が確実に捕まるわけではない
万が一逃げられた時の
デメリットを考えたら…

(まぁいいか…ボクはもう
処女を失った
これ以上失うものはない…)

<<17Page>>
(それにこの男にも興味がある…
性欲の権化…男という生き物が
何を考えているのか
解かるかもしれない…)

じゅぷじゅぷ…!!❤
んっ…❤じゅぽっ…!!❤
じゅっくじゅっく…!!❤

ふー…!!ふー…!!

んッ…!?

(なんだ…!?根本から
何かがこみ上げて…)

<<18Page>>
ドビュルッ…!!

んッ~~~…!!

ドク…!!ドク…!!

ん~~…!!

(うぐッ…!!不味い…!!
これが精液…!?)

(ネトネトして…くッ…
こんなもの人間の食べるもの
ではない…!!)

<<19Page>>
で…では…言うよ…?
もういいのかい…?

男は滴に裸になるよう命じ
「台本」を渡した

そしてその台本通りに滴に
喋るよう命じる

で…ではいくよ…

<<20Page>>
は…はぁ~い世間の皆さん❤
IQ250の天才少女
明里 滴です…❤

じつは私は変態で
こうして裸になって男の方に
見てもらうのが趣味でーす❤

援交なんて日常茶飯事❤
ヤリマンでーす❤

ほら見てくださーい❤
マン毛ボーボーでーす❤
ボ~~ボ~~♪

<<21Page>>
こ…これでいいかい…?

男は満足そうにスマホを
しまった

(きっと今後はこれをネタに
ボクをゆするつもりだろう…)

だが滴はある意味
この男を信頼していた

(この男は言うことをきいている
限りボクの写真をネットに流す
ような真似はしないはず…)

(なぜならそれはやっと
手に入れたボクという性奴隷を
手放すことになるからだ)

<<22Page>>
滴の予想は正しく 男は
その後も滴の前に姿を現して
今度は自身の家へと
連れ込むのであった

(この男はもう安心しきって
いるようだ…
ボクが逆らえないと)

(ここにボクが警察と踏み込めば
捕まってしまうというのに…)

ジョリ…

んっ…❤

<<23Page>>
ブルッ…❤

はぁ…❤はぁ…❤

滴は震えていた
デリケートゾーンに生えた毛を
他人によって剃られる…

まるで自分の全てがその人の
手に握られたような感覚に

(今まで一度も処理したこと
なかったけど…ボクって結構
剛毛だったんだなぁ…)

(そういえばクラスの皆は
処理してるとか話してたっけ…)

<<24Page>>
んッ…!❤
あッ…!!あぁはッ…!!❤

毛の無くなったヴァギナには
男のペニスは以前より
すんなりと出し入れできるように
なった

ハァ…!!❤んっ…!!❤
あッ…!!❤あんッ…!!❤

獣のように一心不乱に腰を振る
男からもたらされる甘い痛み

これまで感じたことのない
気持ち良い刺激に滴は内心酔っていた

んはぁっ…❤

<<25Page>>
初めのうちは本からの知識で
喘いでいたのだが 喘いでいると
逆に感じてきてしまい
次第に気持ちよくなってしまった
のである

(すごい…!これがセックス…!
き…気持ちいい…!!❤)

あんッ…!!❤あッ…!!❤
あッ…!!❤ひんッ…!!❤

滴はこの男にある種の魅力を
感じていた…

それは知能を持ちうる人間になら
誰にでもある本音と建て前が
この男には感じられなかったからだ

<<26Page>>
食べたら食べっぱなし
飲んだら飲みっぱなし
ゴミはまとめても捨てるのは
面倒くさい

射精の事だけを考え
風俗に行くお金を貯めるでも
なく こうして少女をレイプ
する…

理性で生きる人間ではない…
この男は動物なのだ

本能のままに悪事を犯し
目の前の欲望を貪り食う…

それは滴とは真逆の性質であった

<<27Page>>
だがそれゆえにこの男は
理解しやすかったのである

理性に生きる滴にとって
本能のままに生きるこの男は
ある意味で魅力的なのであった

あっ…んあッ…!!❤

ビュルッ!!❤

ドク…ドク…❤

ッ~~~…❤

<<28Page>>
おはよう明里さん

あ うん
おはよう

ドキッ…

(なんだか今日の明里さん
少し色っぽいような…?)

ん?なんだい?
ボクの顔になにかついてるかな?

いっ…いや…!!
なんでもない…!!

…ふふっ❤

<<29Page>>
んじゅっ…❤じゅぷっ…❤
んはっ…んっ…じゅるっ…❤

それから数週間…
男は性欲が溜まると滴を呼び出し
処理をさせる事をくりかえした

学校のある昼間は断るものの
放課後や休日は 昼でも夜でも
呼び出される

(この男…ボクを
オナホールか何かと勘違い
しているんじゃないのか?)

<<30Page>>
んっぽ…❤んっぽ…❤
んぷ…❤じゅぽ…❤

この数週間 ろくに本を読む
時間もなく
長い時では朝から晩まで
男のアパートでセックス漬けに
される事もあった

(この男はもうボクが
逆らえないと思っているん
だろうな…)

んぶ…❤んぼ…❤

(実際 あの時の動画を
ネットで晒されたりしたら
まずいし…)

今も戸棚にある隠しカメラが
丁度自分のお尻の穴を映して
いるであろう事もわかっている

日に日に滴は男に逆らえ
なくなっていくのであった

<<31Page>>
ビュルッ

んッ…❤

そうしてフェラ…バック…
イマラチオ…スパンキング…等
男の性癖であらゆる性行為を
させられる日々はしばらく続いた

<<32Page>>
はぁ…はぁ…!

その日々から一ヶ月…
男からの連絡はピッタリと
止んだ

ある日を堺に性処理のために
呼び出される事はなくなり
滴は開放されたのである

んっ…!はぁ…はぁ…!

だが滴の身体はセックスの快楽を
覚えてしまっていた

年頃の肉体なのも相まって
昂ぶる情慾を持て余す時が
増えたのであった

<<33Page>>
はぁ…❤はぁ…❤

自室にこもっては読書も
そっちのけで
自慰ばかりする毎日…

下手をすると学校でも
昂ぶってしまい トイレに
こもることもあった

イけない…!ふぅ…ふぅ…!
どうして…!?

どうしてと言いながらも
滴は理解していた

快楽の本質は刺激
だけではないのだと

(わかってる…いくら
アソコを弄ってもあの時の
快感は得られない…)

(あの時の…)

<<34Page>>
数十分後…
男のアパートの玄関には
突然訪ねてきた滴の姿があった

あ…あの…

さ…最近どうしたのかなぁと
思って…

ボ…ボクはし…心配で…
そ、そう…!ボクのあられもない
姿の写真がどうなったか心配で
いてもたってもいられなくて
ここに来たんだ…!

(我ながら恥ずかしい…
IQ250と持て囃されながら
こんな言い訳しかできない
なんて…)

(本当はまた…ハメて…
ハメてほしいのに…!!)

<<35Page>>
………

え…?

男が滴に言ったのは
予想と少し違った

脱げだって…言うのかい…?
こ…ここで…ドアを開けたまま…?

時間は夜で 見られる心配は
あまりないかもしれないが…
万が一誰かに見られたら…

わ…わかった…!!
だから…あの写真をネットに
バラ撒かないでくれ…!

<<36Page>>
こ…これで…いいかい…?

言われるがままに脱いだ
夜風がお尻や背中にあたって
冷たい…

(は…恥ずかしい…っ…
でも…この感覚…)

ハァ…❤ハァ…❤

(後ろの民家の住人に
見られてたらどうしよう…!!)

さ…さあ…!脱いだんだ…!
この前のようにボクを犯すん
だろう…!?
君の好きなようにするがいい…!

その代わりボクのあの
写真は絶対にネットに流さないで
くれたまえよ…!!

<<37Page>>
え…?

もう全部のデータを捨てた…?

男は言う…
もう全てのデータは捨てたので
お前は自由だと
もう金輪際レイプすることは
ない事を誓うと

そ…それじゃあ…ボクは…

ッ~~……!!

男はさらに続けて言った…
データは捨てたが どうしても
というならシてあげなくもない

ただし そこで豚が餌を
ねだるようにお尻を向けて
無様におねだりができたら、と

<<38Page>>
ッ~~…

そ…そんな…そんな事
ボクは…ボクは……!!

うろたえながら滴はさらに
昂ぶっていた

今度は脅されて唯々諾々と
やらされるのではない

自分が望んでそうするのだ

(そんなの…それじゃまるで
ボクが…)

(変態じゃないか…!!)

<<39Page>>
男はニヤニヤと不敵な笑みを
浮かべている

滴は察した…

(そうか…これは始めから
仕組まれていたんだ…!!)

(この男は今日この日のために
これまでボクにセックスの味を
しめさせたんだ…!)

(ボクがこうして…今日自分の
足でここへやってきて
自分からねだるように…!!)

ッ~~…!!

滴は憤った…
しかし次の瞬間

<<40Page>>
おっ…!お願いしますブヒッ!❤

またボク…滴をハメてくださいブヒッ!❤

ボクは…ボクはあなたの
チ○ポが忘れられずにこの数日
ずっと一人でしてました…!

でも全然満足いかなくて
こうしてやってきたんですブヒ!❤

お願いします!❤
ボクをまたハメてください!!❤
ブヒィ!❤ブヒィ!!❤

滴はお尻を男に差し出して
上下に揺さぶりながら懇願した

これは

滴の理性が動物としての
欲望に敗北した瞬間であった

<<41Page>>
IQ250の自分が自制心に
負けて男の前でこうして
お下劣な格好をして懇願する事…

ろくに知能も無いような男に
IQ250の自分が敗北して
しまった事…

その屈辱こそが
滴にとっての最高の
快楽となってしまったのである

ブヒィ!❤ブヒィ!❤
お願いします…!!❤

なんでもしますブヒィ!!❤
ボクのマ○コをハメてくださぁ~い!❤
お願いしま~す!❤ブヒィ~~!!❤

<<42Page>>
これまでの人生で一番
興奮していた

(すごいや…!もう…!自分を
コントロールできない…!❤
もうボクはどうなってもいい…!❤)

チ○ポ!❤チ○ポを下さぁ~い!!❤
ブヒィ!❤ブヒィ!❤

気がつくと男はお尻を振る
滴の姿をスマホで撮影していた

(ああ…きっとデータを全て
捨てたなんて嘘だ…
ボクはこの男に…IQで圧倒的に
ボクより下のこの人に謀られたんだ…!)

(こんな屈辱…)

(最ッ高~~!!❤❤❤)

<<43Page>>
んぽっ~❤んっ❤❤
んぷっ…❤んぽぉ~~っ❤❤

堕ちた

自分でもそうわかった

チ○ポならあたりを見回せば
いくらでも転がっている

でも自分にはこの男のモノ
でなくてはならないのだ

IQ250と持て囃されて
理性と思考力の高さで世界
最高峰の自分を貶めるのは
世界最底辺のIQの男で
なくては…

そんな男に屈服することは
最低の屈辱であり
最高の興奮なのだ

<<44Page>>
(見てぇ…❤ボクのこの
下品な顔…!❤ふぅ…❤ふぅ…❤
チ○ポ…❤チ○ポぉ~❤)

娼婦のようにむしゃぶりつく…
これまでの輝かしい自分と
対比すればするほど興奮する

んっぽんっぽんっぽぉ~❤
んじゅっ❤んッ❤んっぽぉ~❤

(堕ちたい…!❤
もっともっと堕ちたい…!!❤)

(もっと下劣な女になって
罵られたい…!❤下劣で変態で
バカ女だって…!❤)

(このIQ250のボクを…
バカ女だって罵ってほしいのぉぉぉ!!❤)

<<45Page>>
(ボクの頭をチ○ポでぶっ壊して!❤
二度と足し算もできないくらいに
バカにして…!!❤)

(それでもって身体にいっぱい
ラクガキとかして動画を撮って
ネットで拡散してッ!!❤)

(全世界にボクの痴態が知れ
渡ってボクは世界中から変態
バカ女だって罵られて…!❤)

(もっとボクを貶めて!!❤)

(ボクは世界で最低の
バカな雌豚になるんだッ!!❤)

<<46Page>>
んッ~~!!❤❤❤

そしてこの日から
三日三晩 滴と男はアパートの
一室でセックスを繰り返した

当然 学校も休んで…

<<47Page>>
あれ?おはよう明里さん

ん?ああ おはよー

もう風邪治ったの?

風邪?ああうん
大丈夫大丈夫

そう…よかった…

(なんだか今日の明里さん
普段と雰囲気違うような…)

(髪の毛ツインテールにしてる…
か…可愛いな…
前の明里さんも素敵だけど
この明里さんも…)

あ そろそろ私
行かないと

約束あるからさ

<<48Page>>
えっ…ああ うん
それじゃあおつかれ様…

はーい

…………

(今明里さん…自分のこと
「私」って言った…?)

<<49Page>>
あッ!❤あんっ!❤あッ!!❤
お願いしますッ!❤

今日もこの敗北豚のオマ○コ便所に
ご主人様の子種をお恵みください!!❤

パンッ

あぅんッ!!❤❤

<<50Page>>
毎日学校帰りに…
休みの日は朝から自分が
男のアパートに入り浸り
セックスを行なうようになった

いつの間にか男の方が
優位に立ち 滴は基本上になって
自分が腰を動かしご奉仕
しなくてはならない

パンッ!

あッ!!❤

パチンッ!!

あんッ!!❤

しかも男の性癖はしだいに
マニアックになっていき
行為中にお尻を叩いたり
アナルに挿入したりするように
なってきた

<<51Page>>
それでも滴にとって今のこの
暮らしは刺激的なものだった

これまで人類最高峰の知能を
誇ってきた自分が こんな極東
アジアの町外れの古びたアパートの
一室で性奴隷になっている…

しかも飼い主は人類最底辺の
知能しか持っていないような
半動物の人間なのだ

この事実がよりいっそう自分の
愚かさと惨めさ 無様さを引き立たせ
興奮に導く…

んッ…❤ご主人様…!!❤
膣内に…!膣内にお恵みください…!!❤

<<52Page>>
皆様こんにちは!❤
IQ250少女明里 滴ですッ!❤

私はオマ○コ狂いのド変態
マゾ豚女ですっ!❤

ハァ…!❤ハァ…!❤

この通り…っ…私はチ○ポの
魅力に完全敗北しましたっ!❤

IQ250の天才少女なんて
嘘ですっ!❤私はただの
マゾ豚女ですッ!!❤

もっと雌豚マ○コ突かれて
絶頂オマ○コアクメしたいですっ!❤
いぇ~い!ダブルぴぃ~す!!❤

チ○ポチ○ポチ○ポ~~~ぉッ!!❤

<<53Page>>
どんどん自分の弱味となる
写真・動画が増えていく

この先自分がどこに就職しようと
どれだけ出世しようとも
この動画と写真がスキャンダルに
なり脱落させられる事は
間違いない

つまり滴の人生は
詰んでしまったのだ

もう一生この男の性処理奴隷…
便器として生きていくしかない

世界最高峰の知能を持っていた
はずの自分が 同年代の女子たち
よりも堕落した人生を送り

場末の娼婦…いや それ以下の
ゴミクズのような人生しか
送ることができない事が
決まってしまったのである

<<54Page>>
(もうどうでもいい…!!❤)

(これまでの私が間違って
いたんだ…!)

(私は女…ホモ・サピエンスの
メス…!!)

(知能が高いとか物をよく
知ってるとかそんなことどうでも
いいことなんだって…
この人が気づかせてくれたから…)

(人間は突き詰めるとただの動物で
動物はセックスして子孫を増やすもの…)

(つまり女のやることは
勉強なんかじゃない…!!)

(精子を子宮に注ぎ込むこと…!!❤)

<<55Page>>
(勉強なんかしてごめんなさ~い!❤)

(メスのくせに知識ばっかり
増やしてセックスせずにいて
人類の皆様まことにもうしわけ
ありませ~~~ん!!❤)

(滴は心を入れ替えて
オマ○コしまくってじゃんじゃん
子供孕みま~~~っす!!❤)

んほおぉぉおおお~~~ッ!!❤❤❤

<<56Page>>
おほぉおお~っ…❤

ありがとうございま~~す…❤❤

<<57Page>>
数日後…

(なんだか最近おかしい…いや
おかしすぎる光景の明里さんが
そこにいた…)

お…おはよう明里さん…

ちぃっすー 部長くーん

あのさ…聞いていいのか
わからないけど…その格好って…

えー?なに今さら~?
マジこれチョー可愛いっしょ!?♪

これシブヤとかハラジュクとかで
ムーブってて~
これでクラブ行ったらソッコー
マジハメでマンピチョーアゲーって
感じ~♪あははっ❤

……あ…あはは……

ガチち○こソッコー
ブチ込まれまくりでマ○汁だくだく!
部長くんも今度一緒にシブヤの
クラブ行かねーっすか~?

<<58Page>>
い…いや…!僕は遠慮しとくよ…!

キャハハ!❤まぁ部長くんみたいな
ドーテーくんにはちょっと刺激
強すぎるかもね~♪

え…ええ…?ド…

教師もアタシがIQ250の天才
少女だって知ってっから全然服装とか
注意してこないし~
マジ特別扱いされると楽だわ~♪あはは❤

(そんな…前は特別扱いされたく
ないって言ってたのに…
一体明里さんになにがあったんだ…)

ところでさー
部長くんって前私の事
好きだったっしょ?

え…!?

(ドキ…)

<<59Page>>
そ…それは…

あはは♪隠さなくっても分かるっての!
男子って好きな女子見る時は
チ○ポ臭股間からハンパねぇくらい
出してっから!

マジあの時の部長くんは
チ○ポ臭かった~♪

ッ~~…!!

アタシもじつは結構部長くんの事
好きだったんだ~♪

え…ッ…!?

でも今はビミョー♪

…そ…そう…

あはは❤そう気を
落とさないの!

<<60Page>>
今度好きな女を
モノにするイカした方法を
教えてあげっからさ♪

……?

<<61Page>>
その次の日から
明里さんは学校に来なくなった…

そしてある日突然の退学届け…

学校中…いや世界中が彼女の
突然の失踪に驚かされた…

<<62Page>>
それからさらに数ヶ月後…

僕の手元に差出人不明の
封筒が届けられ そこには一枚の
DVDが入っていた

さっそく部室のDVDプレイヤーで
それを再生してみた僕は
度肝を抜かれることになる…

<<63Page>>
チョリ~~~ッス部長く~~ん♪

IQ250の天才少女
明里 滴ちゃんでぇ~~~っす!♪

イェ~~~~イ!❤
ダブルぴ~~~っす!❤

<<64Page>>
只今カレシの友達の家で
友達の友達のチ○コとベロチュー
してま~っす❤

まじチ○ポうめぇ~わ…❤
ペロ…❤ぺちゃ…❤ぺちゃ…❤

んっく…
あそうそう!こないだ部長くんには
好きな女をモノにするテクを
教えてあげるって言ったけど
それがこれね

なんだか分かる?

正解は
チ○ポでぇ~~~す!❤

<<65Page>>
好きな女がいたら~
四の五の言わず突っ込んどきゃ
オッケー♪

これオマ○コ大学の入試で
絶対出るからYO Check!!

テレビの前の部長くんは正解
したかな~?

正解したらお姉さんと一緒に
叫んでみようっ♪
あ~チ○ポッ!チ○ポッ!
チ○ポチ○ポマ○ポッ!!♪

YEAaaaaaaaaaaaaH!!❤❤

<<66Page>>
んはっ…❤んちゅうんっ…❤
まじデカチン最高…ッ❤

ウチのカレシと友達のチ○ポ
マジ世界最高峰だし❤
マジいくらでも金払うから
舐めさせてくださいって感じ❤

あっ…裏カリにまだチンカス
残ってた!❤
ジュブッ…❤ペロペロ…!!❤

んっあ~~~!❤うめぇ~!❤
まじチンカス超うめぇ~!❤

チ○コの匂いだけでもイっちゃい
そうなのに こんな濃厚なチーズで
味覚からも責められたら
ブっ飛んじゃう!!❤

もっと食べたい~チンカス~❤

<<67Page>>
ビュッ…!!

うっほぉぉお~!!❤❤❤
滴ちゃん大好きなチ○ポ
ミルクぅぅぅううう~~!!❤❤

あ~!❤チ○ポミルクかけて
いただけて幸せぇ~~!!❤
セーエキ便所で至福ですぅ
うぅぅうう~~!!❤❤

滴はセーエキでコーティング
されるとオマ○コきゅんきゅんで
絶頂しちゃいますぅぅーーッ!!❤❤

おほぉぉおおおおおんッ~~!!❤❤❤

<<68Page>>
アっ…!!❤あんッ…!!❤
あはッ…!!見てみて部長くんっ!
これが「セックス」だよ?❤

ウチのヤリまくりガバマンに
オチ○ポ様突っ込んでハメて
もらってまぁ~す♪

あんッ!❤あッ❤
あ~~ッ!❤挿入れられてる
だけでまたイっちゃいそう~!❤

最高~ッ!❤
デカチンマジ最高~!!❤

あっ そうそう!ほら見てこの
お腹❤
誰かの赤ちゃん孕んでまーっす❤

あははっ❤

<<69Page>>
ここんとこゴムつけずに
ヤりまくってたからさ~…って
一回もつけたことないんだけど

一体誰の子供かもわからね~けど
とりあえず産みま~す❤

というかその為に高校も
辞めたし~

ふふん♪アタシ今度良い風俗
紹介してもらったんだ~❤

部長くんも来なよ!
少し遠い町だけど一発三千円
ポッキリだしケツ射精でも
スカトロでもなんでもできっからさ❤

アタシみたいなチ○ポ狂いの
バカマ○コ達の行き着く先
らしいよ♪

マジちょ~楽しみなんですけど!
身体売って稼いでこの子も立派な
娼婦に育てま~す!!❤
あたしシングルマザー!
カッコイイっしょ!!❤
Posted on 12 February 2018, 15:51 UTC by:   blamekilly    PM
Score +18
text part2
<<70Page>>
あーあとそれとぉー
そろそろ私のヤりまくってる
動画とか写真がネットに
バラ撒かれる日がくるんだけどぉ~

部長くん 昔愛した女で
いっぱいヌいてね❤

クスっ❤

それと一日一件必ず動画をどっかの
掲示板に貼り付けること!
「元IQ250の天才少女
明里 滴の末路w」
ってちゃんと書いてね❤

あははっ❤
それじゃ~バイバ~イ♪
ドーテーの部長く~ん❤

<<71Page>>
あッ!!❤あんッ!!❤
ブヒィッ!!❤ブヒッ!!❤

最高ですぅッ~!!❤
オチ○ポいただけて
マゾ豚滴は幸せです
ブヒィイィィイ~!!❤

おッ!!❤おッ!!❤
おぉぉおお~~んッ!?❤❤❤

<<72Page>>
映像はそのままDVDの容量
いっぱいまで続いた…

かつてIQ250の天才と
呼ばれたボクっ娘少女…
明里 滴の姿はもうどこにも
ない…

そこにいるのは性欲に飢えた
ガングロのビッチだけだった…

だが僕はその映像を観ながら
部室だというのにペニスを
しごく手が止まらなかった

「そろそろヤりまくってる
動画と写真がネットにバラ撒かれる」…

僕はその日が楽しみで仕方ない…

<<73Page>>
きっと僕はこの世界の
ありとあらゆる掲示板に
彼女の姿を晒すだろう…

そしてバイトでも始めようか

彼女の働く風俗に
行くために…
Posted on 12 February 2018, 17:39 UTC by:   q842904202    PM
Score +31
I heard that only in e-hentai ,people from different country will be like brothers.Is that ture?I'm Chinese.
Posted on 15 February 2018, 10:24 UTC by:   TheLonliestMonk    PM
Score +6
@q842904202
So long as you also like traps, I'll be your bro

[Post New Comment]

[Front Page]

Please read the Terms of Service before participating with or uploading any content to this site.